VOICE

留学体験記_イースタン・ワシントン大学_2016.9-2017.6

英語文化学科 3年 H.Sさん


  • 留学体験記1_2016.12.25

イースタンワシントン大学で過ごす初めての学期が無事終わりました。授業の予習復習をしたり友達と遊びに出かけたりしていると不安を感じる間もなく、あっという間に1学期が終わってしまいました。私はMFWIのレギュラープログラムとエクステンションプログラムの両方に参加していたこともあり、大学で新しい友達ができる喜びと同時に、MFWI時代から知り合いの友達や先生、そしてホストファミリーと再び一緒に時間を過ごせる喜びも感じています。

 学習面について、今学期はENGL 112, CMST 200, HIST 102を受講しました。日本の授業に比べてプレゼンとエッセイが多いため、課題に追われることもありましたが、自分の実力を直に感じることが出来るので、とてもやりがいがありました。Historyの授業は高校の時に習った世界史の内容と類似していましたが、日本視点で学ぶのとはまた違い西洋の視点で歴史をたどることが出来たのが楽しかったです。授業の最後にあったプレゼンテーションではクラスメートから日本の歴史について教えてほしいと言われ、侍を中心とした江戸文化について発表しました。昔に遡っての異文化交流も非常に盛り上がりました。  生活面では、チーニーはのどかで治安もよく過ごしやすいです。また11月中旬ごろからは雪が降り始め、今までに体験したことのない大雪の中での生活を味わっています。最近では−3℃を暖かく感じるようになってしまいました。ハロウィン、サンクスギビング、クリスマスと大きなイベントも続いていたので、ホストファミリーや友達との思い出をたくさん作ることもできました。残り2週間ほどの冬休みですが、来学期に向けての休養をしっかり取りつつ、友達との思い出もたくさん作りたいと思っています。

  • 留学体験記2_2017.3.1

一年間の交換留学も折り返し地点を過ぎました。今学期はPsychologyとTheatre、Englishを取っています。どれも履修したいと思っていた科目だったので楽しんで受けています。EnglishはNarrative, Researchなどのいろいろなエッセイの書き方を学んでいますが、私はリサーチペーパーが苦手なので毎日苦労しています。しかしオフィスアワーを通して教授が細かく教えてくれるので乗り越えられています。早いもので冬学期も残り2週半で終わりです。そして来月はいよいよ交換留学最後の学期に突入です。時間が経つのが早くて焦りを感じますが、残り時間も悔いの残らないように過ごしたいです。

今学期は2月13日から一週間、武庫川とEWUの間で行われる日下・フォッシーンプログラムの一環で教育学部から吉井美奈子先生がEWUにおこしになっていました。東日本大震災についてのプレゼンテーションを披露され、たくさんの学生が関心を持って吉井先生のお話に耳を傾けていました。阪神大震災や東日本をはじめとする大地震は日本では誰もが知っている出来事ですが、アメリカの生徒はほとんど知らなかったので驚きましたが、先生のプレゼンが進むにつれてさらに日本が抱えている自然災害の被害、苦しみを理解しようとしてくれていて嬉しかったです。そして、そのうちの一日は通訳として参加させていただき勉強になりました。普段何気なく頭の中で日本語から英語、英語から日本語に訳すことが当たり前になっていましたが、直訳と翻訳の違いは何かをしみじみと感じました。ただ日本語を英語に訳すだけでは、文化や異なった教育環境を持つ人々に真意を伝えることはできません。どの単語を使えば、どの表現を使えば一番ニュアンスが伝わるかを考えながら訳すことはとても難しかったですがいい体験でした。 ようやく春らしい陽気を感じられる日も出てきましたが、いまだに雪が降る日があります。もう少し暖かくなったら友達とハイキングに行こうと話しているので、完全な春の訪れが待ち遠しいです。

  • 留学体験記3_2017.5.30

最近は快晴の日が続いているので、たくさんの学生がタンクトップにショートパンツで屋外の芝生やベンチで勉強したり日向ぼっこをしたりしていて、アメリカの大学ならではの光景だと感じています。雪も楽しかったけれど、やはり真っ青な空の下で(たまに炎天下で死にそうになりますが)友達とたわいもない話をする方が楽しいです。

 モダンダンスとジャズダンスの授業の成果発表として先週の金曜日にEWUのキャンパスイベントに参加し、クラスメートと一緒にダンスを披露してきました。たくさんの友達が見に来てくれました。また面識のない観客の方々も発表終わりに話しかけに来てくれ、私たちのパフォーマンスに興味を持ってくれたことがとても嬉しかったです。私は幼稚園年長から大学一年までコンテンポラリーダンスを習っていたので、同じくダンス経験のあるクラスメートたちと好きな振り付けを教え合ったり、今までの舞台経験について語り合ったりするのがとても楽しくて、このままずっと一緒に作品を創り続けたい気持ちでいっぱいです。今学期が終わってしまうのが残念でたまりません。残された時間は限られてはいるけれど、この最高なメンバーと共にもっともっと思い出を作りたいと思います。

 春学期も残り2週間ですが、EWUで過ごしたこの10ヶ月間を振り返ると、また新たな価値観や姿勢を身につけることが出来たと思います。そして帰国が近づくにつれて、自分の将来について考える機会も増えました。自分自身が持っている可能性が広がったと感じるとともに、果たしてそれを本当に将来に活かせるのかという不安も感じます。正直まだまだ不明瞭なことが多く、自信をもって次のステップを踏めるか、心を定めることが出来るかなど、プレッシャーを感じますが、日本から世界に新しいアイデアを発信し続けられるような人間になり、グローバルな社会に貢献することが私の長期的な目標です。

留学体験記_セント・マーチンズ大学_2016.8-2017-5前のページ

留学体験記_イースタン・ワシントン大学_2016.9-2017.6次のページ

ピックアップ記事

  1. 留学体験記_マウント・ロイヤル大学_2014.9-2015.4
  2. 留学体験記_梨花女子大学_2017.2-2017.12
  3. 留学体験記_韓南大学_2016.3-2016.12
  4. 留学体験記_セント・マーチンズ大学_2016.8-2017-5
  5. 留学体験記_韓南大学_2016.3-2016.12
  1. VOICE

    留学体験記_クイーンズランド工科大学_2018.2-2018.11
  2. VOICE

    留学体験記_韓南大学_2017.3-2017.12
  3. VOICE

    留学体験記_韓南大学_2017.3-2017.12
  4. VOICE

    留学体験記_セント・マーチンズ大学_2018.8-2019.5
  5. VOICE

    留学体験記_韓南大学_2017.3-2017.12
PAGE TOP