交換留学

概要

交換留学は、大学間の交換協定に基づき留学する制度で、留学期間は原則として約1年間です。出願時から比較的高い語学力が要求され、現地学生と一緒の学部授業や交換留学生向けに開講された授業を履修します。また大学によっては、附属の語学学校でのプログラムを履修できる場合もあります。

特徴

学費

学費は原則として本学に支払い、留学先大学の学費は免除されます。

奨学金

交換留学生のみが申請可能な奨学金制度があります。

単位認定

留学先で修得した科目については、定められた単位数を条件に本学の卒業単位として認定することができるため、卒業要件を満たせば4年間で卒業することが可能です。
※所属する学部・学科により卒業単位として認定されない場合があるため、事前に国際センター及び教務部、学科の教務委員の教員へ相談してください。

特徴

※出願する際には、最新の「交換留学募集要項」を確認すること。
(1) 留学をする時点で2年次以上の大学学部生である。
※イギリスのセントラル・ランカシャー大学IBC(International Business Communication)に関しては、出願時に2年以上の学部生であること。
(2) 出願時の前年度の学業成績において、成績評価係数が2.30以上である。
※TOEIC/TOEFLなどの資格認定科目は除く
※1年次の後期出願の場合は、1年次前期の成績評価係数が2.30以上であること。

(3) 協定大学が定める出願要件を満たしている。

協定大学の出願要件は予告なく変更される場合があります。出願前には必ず最新募集要項を確認してください。
※1 各セクション18以上
※2 TOEFL iBT64, TOEFL ITP510で出願可能。ただし、指定期日までに当該大学の出願要件を満たしたスコアレポート(本書)を提出すること。
※3 Writing21, Reading16, Listening16, Speaking18以上
※4 韓国語能力試験(TOPIK)やハングル能力検定試験、または大学・高校での韓国語関連科目の成績証明書など
※5 TOEIC Listening & Reading IPテストでの出願可
※6 各セクション20以上
※7 TOEFL iBT Special Home Editionでの出願可
※8 IELTS Indicatorでの出願可
※9 TOEIC L&Rオンラインは出願不可

出願・選考スケジュール

交換留学の募集は、国や地域別に年3回に分けておこないます。出願に際しては、交換留学募集要項をよく読んだ上で、国際センター窓口に出願書類を提出してください。不備のある書類や、出願期間外または郵送での書類提出は受け付けません。出願に必要な書類は、提出書類一覧からダウンロードできます。

出願時期 選考日時(筆記・面接) 結果通知
I期 2021年6月7日~6月10日 出願締切の翌週もしくは翌々週 7月下旬
Ⅱ期 2021年9月20日~9月23日 10月下旬
Ⅲ期 2022年1月8日~1月13日 2月下旬

奨学金について

交換留学生として派遣することが決定した場合は、原則として次の①~③いずれか一つの奨学金が支給されます。
②・③に関する奨学金は学内の書類選考により推薦者を決定します。

  名称 提供者 選考 内容
武庫川女子大学
交換留学奨学金
武庫川女子大学 なし (欧米・豪)年間50万円(半期分25万円×2回)
(アジア諸国)年間30万円(半期15万円×2回)
HUMAP留学生
交流推進制度奨学金
公益財団法人
ひょうご震災記念21世紀研究機構
学内選考 (米)月8万円
(豪・韓国)月7万円
海外留学支援制度 独立行政法人日本学生支援機構 学内選考 (北米・英国)月8万円
(豪・韓国(ソウル)・ベトナム)月7万円
(中国・韓国(ソウル以外)台湾)月6万円

よくある質問

出願準備について
Q.過去に留学をされた先輩から話を聞くことはできますか?

A.交換留学説明会やその他交換留学に関するイベントの中で、過去に交換留学をした先輩の体験談を聞く機会があります。


Q.派遣先大学で専門分野以外の勉強をすることはできますか?

A.派遣先大学により専攻できる内容が異なります。協定校のホームページや国際センター内に設置されている『交換留学生体験談』を参考に、どの大学でどのような勉強ができるのかを把握しておきましょう。


Q.交換留学中の学費はどうなりますか?

A.派遣先大学における授業料は、武庫川女子大学に納入した学費をもって充当します。


Q.留学費用はいくらぐらい必要ですか?

A.留学先の国や地域、現地での過ごし方によっても大きな差があり、必要な留学費用も異なります。留学先大学のWebサイトや、国際センター内で閲覧できる過去の交換留学生の報告書等を参考の上、余裕を持って準備して下さい。

出願/選考について
Q.交換留学をするにはどのくらいの成績が必要ですか?

A.出願時に前年度の成績評価係数が2.30以上なければ出願できません。また、それぞれの大学が設定している語学認定試験などの出願基準を満たす必要があります。各大学の条件については、「交換留学募集要項」を参考にしてください。


Q.成績・語学力はどの程度選考に関係ありますか?

A.選考は総合評価です。成績のみあるいは語学能力のみで決まるものではありません。出願の際に提出されたすべての書類や筆記、面接試験など全てが評価の対象になるとお考えください。


Q.プログラムの内容や出願手続に関して質問がある場合はどうしたらよいですか?

A.交換留学に関する相談・お問合せは国際センターで受け付けています。気軽に来室してください。

留学先大学について
留学先大学について
Q.留学中はどのような場所に住みますか?

A.留学先大学によって若干異なりますが、基本的には留学先大学の寮または留学先大学の紹介するアパートや宿泊施設での滞在となります。ただし、一部の大学は、自分でアパート等を探す必要があります。


Q.授業は留学生のために設置された授業を受けますか?

A.学部留学の場合、基本的には現地学生と同じ授業を受けることになります。ただし、一部の大学では語学の授業や留学生用に開講された授業を履修することがあります。


Q.期間を延長(短縮)して留学することはできますか?

A.武庫川女子大学の交換留学は1年間が原則のため、期間の延長(短縮)はできません。

就職活動について
Q.留学すると就職活動に不利にはなりませんか?

A.留学を通して学んだことや留学中の成果を就職活動の際にアピールすることができれば、むしろ有利になる可能性もあります。


Q.就職活動のために帰国を早めたり、一時帰国したりすることはできますか?

A.留学先大学の定期試験が終了し、休暇に入れば、一時的に帰国することは可能ですが、その場合ビザの出入国条件をよく確認してください。ただし、学期途中に留学を切り上げることは原則認められません。


Q.留学前にしておくことはありますか?

A.留学条件の語学基準を満たしていても、現地の授業を受けることは非常に難しいです。留学直前までラジオを聴く、本を読むなど必要な語学力を少しでも伸ばしておきましょう。また、就職活動の時期と留学期間が重複する場合は、出発前に学内の就職セミナーなど積極的に参加することをおすすめします。

単位認定・進級・卒業について
Q.取得してきた単位は卒業単位として認められますか?

A.留学先大学で履修した科目については、審議の上、本学の専門教育科目、または共通教育科目の単位として単位認定をすることができます。ただし、学科によっては留学先で取得した単位が本学で認定されない場合もあるため、事前に確認が必要です。


Q.4年間で卒業することはできますか?

A.基本的に、交換留学期間は本学の在学期間に算入されるため、休学をせずに4年間で卒業することは可能です。教職課程を履修している場合や学科独自の実習などがある場合は、4年で卒業できない場合もあります。事前に学校教育センターや学科の担当教員へ確認しましょう。

  1. VOICE

    留学体験記_クイーンズランド工科大学_2018.2-2018.11
  2. VOICE

    留学体験記_銘傳大学_2018.8-2019.6
  3. VOICE

    留学体験記_イースタン・ワシントン大学_2016.9-2017.6
  4. VOICE

    留学体験記_マウント・ロイヤル大学_2014.9-2015.4
  5. VOICE

    留学体験記_セント・マーチンズ大学_2018.8-2019.5
PAGE TOP